スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012.12.01 Saturday | - | - |


説教マシーン
仕事で年上の人にやたら媚びたり、その人の話を聞いてやたらでかいリアクションとかとったり、まあ八方美人的要素が少なくとも私にはあるので、最近えらい目に遭ってます。

私は聞き上手ってカッコイイと常々思ってまして、なるべくそうして生きて来たわけですが、とんでもなかった。
興味のない事にあたかも興味があるように見せるのは簡単ですが、その後の自分へのフォローが予想以上にしんどいんですよ。例えば人に「野球が好き」と言われれば「私も」っつって合わせるんですが、次にその人と会う時にバットプレゼントされて置き場に困る。とか。野球選手のサインやたらくれる。とか。
ごめんなさいごめんなさい。野球はルールすらよく分かりません!ですよ!
自分で自分の首を絞めすぎ。
つーか上に書いた出来事なんかないですけどね。全くないですけどね。

そして最近説教されます。
私を見たらとりあえず説教してくる人が二人ほどおります。
きっとこうやって説教してくれるのは、私の事を思ってくれているからなんだな、ありがたやありがたや。なんて思ってましたけど、どうやらそんな美しいものではありませんでした。

「まああんたにこんだけ言っても、どうせ自分の決めた風に行動するから意味ないねんけどな。」

と、説教する度に相手は呟くのです。
なんつーかようするにその台詞を付け加える事によって、私の可能性を相手は諦めてるってことですよね。今めっちゃキモい事言うた。私の可能性て!歌詞か!無いわそんなもん!
呟いたその台詞が本心であるとすれば、説教自体が全く意味を成さない事になりますよね。本心ではないのなら、何だか試されているような気さえします。
よく分かりません。
そりゃー自分より年上の人に色々アドバイス貰うのはありがたい事ですし、パワーにもなるし良いんですけど、ただ単に年下に色々言いたいがために言っているのであればごっつ余計なお世話です。私が人生において失敗しないようにアドバイスしてくれてるのなら分かります。でもやっぱり決めるのは自分であり、成功すれば失敗する事もある。

成功→良かったね。
失敗→私の言う通りにしないからだ。

怖い怖い。数子だよアンタァー。

節子。
おまえ聞き上手の話から途中ただの愚痴になっとるやないか。
| 2007.01.18 Thursday | 喝! | comments(0) |